親からの遺伝とは言うけれど。

自分で言うのもおかしな話かもしれませんが、自分をこのような体に産んでくれた両親に感謝しています。
健康で程よい体系・人並みに外れる事のない容姿ですが、一つだけ言うならば、コンプレックスを感じている事があります。
それが「二重あご」特に太っているわけでも無く、顔が大きいわけでも無いのに、小さい頃から私を知る人見た人は「お父さんにソックリね」と言います。
父の遺伝である事が証明されたのですが、この二重あごさえなければと思う事が何度も人生の中でありました。
例えば友達との記念撮影、私の顔は顎の下がたるんでいて二重あご全開。笑えば笑うほど目立つから不思議です。
パーティーやおめでたい席で知らぬ間に写されている写真にも二重あごがくっきりと写っています。
もういやだ!と何度も友達や家族に嘆いた事もありますが他人から見ると、そんなに気にする事では無いと言います。
しかし、女性にとって二重あごは大敵ではないでしょうか?メイクをしても隠せるわけでは無いし、極めつけは昔、祖母に「アンタは美人さんなのに二重あごが邪魔するね~」と言われた事がありました。そういう祖母も二重あごで、そのDNAを引き継いだ父がまた二重あごで、私が遺伝したという訳です。
妹と二人姉妹ですが、妹も二重あご。小学生の時には『二重あご姉妹』と呼ばれていました。
40代になり、私の二重あごは消えていません。消えるどころか加齢と共にますます大きくなったような気がします。
太らない様にしているのに、あごだけがふくよかで、何だか今度はたるんだ脂肪に見える所が悲しいです。
最近、ニュースで注射で二重あごを消せるという報道がされていましたが日本で認可が下りるならば、それも試してみようかと思っています。(たぶん、認可されないと思いますが)昨年、二重あごの父が亡くなりました。その時に、ふと思ったのが「パパ、二重あごなんか嫌い!」って小さい時言ってごめんねという事でした。
コンプレックスは感じていますが、親子の絆である事は間違いない事が証明できていたので、何とか、二重あごにならない様に鏡を見るたびに、二重あご以外は何の不自由もなく幸せに育ててくれた両親に感謝しています。

二重あご以外で今はもう大丈夫なのですが、毛深いことも嫌でしたね。姉妹ともに毛深くて、毎日の様に自己処理をしていて、自分で嫌になるくらい肌も汚かったですね。

娘にその毛深さが遺伝したようで、脱毛に通いたいと最近お願いされています。埼玉に住んでいて、家の近所に美容外科があって、そちらでレーザー脱毛ができると娘が探してきました。

コチラです⇒レーザー脱毛埼玉

脱毛って調べてみると今はたくさんの種類があるんですね。全然知りませんでした。金額もピンキリだし。でも一番効果的で永久脱毛と言うのであればレーザー脱毛らしいのです。

娘が脱毛したい箇所はたくさんあって、それを別々にしているととんでもない額になりそう・・・脱毛サロンに関してのあるあるネタで、事あるごとに出てくる話が、費用の総額を計算すると結論としては、のっけから全身脱毛を契約した方が間違いなく費用を抑えられたとつぶやくパターンになってしまいそうだから、初めから全身脱毛にしてあげたほうがいいのかな・・・でも結構な値段。自分もずっと嫌だったからお金を出してあげたいとは思うんだけども。。。悩んでいます。

大概の人が値段の安いワキ脱毛から開始するのだそうですが、何年かして無駄毛が再発したとなっては、脱毛した意味がありません。そんな不安がある一方で、皮膚科で脱毛する際は高い出力のレーザーが使えます。
鬱陶しいムダ毛を剃ったり抜いたりする手間が不要になるので、行かせてはあげたいですね・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>